生物にやさしい木のおはなし

ネズミは正直?
 静岡大学で、木製、鉄製、コンクリート製の箱でそれぞれ飼育されたマウス(ネズミ)から生まれた子マウスの観察実験をした結果、23日後の生存率は下図のとおりでした。
 また、ストレスのたまり具合からくる無意味な行動も圧倒的にコンクリートが多いのです。
 いかに木が生き物にやさしいかわかりますね。

木製箱 鉄製箱 コンクリート箱
     
無意味な行動
80回
無意味な行動
230回
無意味な行動
290回
生存率
85.1%
生存率
41.0%
生存率
6.9%


除湿も加湿も自由自在!
 木材は、部屋の湿度が高すぎると湿気を吸収し、低すぎると湿気を吐き出して、部屋の湿度を快適にしてくれます。そのきめ細やかな調整作業は、クーラーなどの家庭用機器よりもはるかにすぐれています。また、紫外線を吸収するので、とっても目にやさしいのです。
スギ材の箱の湿度変化
トップページ
Copyright(c)2001 気仙木材加工協同組合連合会