令和4年度外国人労働者問題啓発月間の実施について(厚生労働省)

厚生労働省は、6月1日からの1か月間を「外国人労働者問題啓発月間」とし、「共生社会は魅力ある職場環境から ~外国人雇用はルールを守って適正に~」を今年の標語に、外国人労働者問題に関する積極的な周知・啓発活動を行います。
外国人労働者の就労状況を見ると、派遣・請負の就労形態での雇用が多く、雇用が不安定な場合や、労働・社会保険関係法令が遵守されていない事例などが見られます。また、新型コロナウイルス感染症の水際対策の緩和により、今後、外国人労働者が一層増加することが見込まれます。
さらに、現在、政府一丸となって外国人材の受入れ・共生のための取組みを推進しており、外国人の雇用についても、さまざまな対策を実施しているところです。

こうした状況を踏まえ、厚生労働省では、この月間を通して、事業主団体などの協力のもと、事業主や国民を対象に、労働条件などルールに則った外国人の雇用や外国人労働者の雇用維持・再就職援助などについて積極的な周知・啓発活動を行っていきます。

詳細は以下のサイトをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_25873.html