化学物質のリスクアセスメントについて

厚生労働省からのお知らせ

 労働安全衛生法が改正され、平成28年6月1日よりリスクアセスメントが義務づけられました。リスクアセスメントとは、事業場にある危険性や有害性の特定、リスクの見積り、優先度の設定、リスク低減措置の決定の一連の手順をいい、事業者は、その結果に基づいて適切な労働災害防止対策を講じる必要があります

 対象となる事業場は、業種や規模に関わらず、対象となる化学物質の製造・取り扱いを行う事業者となります。

 詳しくはこちらのページをご参照願います。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-seisakujouhou-11300000-roudoukijunkyokuanzeneiseibu/0000099625.pdf