「技術革新(AI 等)が進展する中での労使コミュニケーションに関する検討会」報告書について(厚生労働省)

厚生労働省からのお知らせ

当省では、令和元年 12 月から令和3年6月にかけて「技術革新(AI 等)が進展する中での労使コミュニケーションに関する検討会」を開催し、AI 等の技術革新が進展する中における労使間のコミュニケーションの実態や課題の把握を行い、あるべき対応について検討してまいりました。今般、報告書がとりまとめられましたので、別添のとおり、情報提供いたします。

同報告書では、技術革新が進展する中での労使コミュニケーションの必要性や有用性について、経営者や労働者、労働組合が改めて認識を共有することで新技術の活用に向けた労使コミュニケーションの取組を促進すべきであるとされております。本報告書とりわけ取組事例集は、個別企業の労使において労使コミュニケーションの取組を推進するに当たり参考になるものと考えております。

つきましては、事業者の皆様におかれても労使コミュニケーションの積極的な取組が更に推進されますよう、本報告書を参考としていただくべく、周知いたします。

【別添資料】
【資料1】技術革新(AI等)が進展する中での労使コミュニケーションに関する検討会 報告書
【資料2】技術革新(AI等)が進展する中での労使コミュニケーションに関する検討会 取組事例集
【資料3】技術革新(AI等)が進展する中での労使コミュニケーションに関する検討会 報告書(概要)

(参考)厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19420.html