「産業別高齢者雇用推進事業(令和4年度開始分)」のご案内(高齢者・障害・求職者雇用支援機構)

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構からのご案内

さて、当機構は、厚生労働省所管の独立行政法人であり、とりわけ当課では、高年齢者雇用の支援の一環として、産業別に事業を委託し高齢者雇用を推進する「産業別高齢者雇用推進事業」を実施しており、現在までに90業種もの多くの産業別団体に当事業の実施を頂いているところです。

少子高齢化が急速に進展し、労働力人口が減少しつつある現在、経済・社会の活力を維持するためには、多様な人材の活用が不可欠ですが、特に、豊かな経験・知識を持ち、働く意欲のある高年齢者において、その能力を十分に発揮し活躍できる環境を整え活用していくことが一層不可欠となっております。

更に、政府の動きとして、令和3年4月より、各企業に70歳までの就業機会確保措置を講ずる努力義務が課せられる改正高年齢者雇用安定法が施行されたところであり、これら措置への実施努力が求められるところであります。

こうした背景も踏まえ、当事業は、労働者の高齢化の状況や高齢者雇用に関する諸条件が産業毎によって異なる点を考慮し、産業別団体毎に事業を委託して実施しております。

つきましては、当事業の内容について別添のとおりご案内させて頂きますので、ご一読の上、関心をお持ち頂いた場合は、別添ご案内文書記載のお問合せ先までお問合せ頂ければと存じます。(事業詳細や応募スケジュール等のご説明をさせて頂きますので、できるだけ早いうちのご連絡を頂けると誠に幸いです。)

(別添)
①【高障求機構】「産業別高齢者雇用推進事業(令和4年度開始分)」のご案内
②【高障求機構】産別事業説明資料