第19回岩手県障がい者技能競技大会(チャレンジいわてアビリンピック2021)の開催について

岩手県および独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構岩手支部からのお知らせ

さて、標記の障がい者技能競技大会とは、障がいのある方々が職場や学校などで培った技能を競う大会です。能力という意味の「アビリティ」と「オリンピック」を組み合わせた「チャレンジいわてアビリンピック」という愛称で、岩手県内において障がい者の技能向上と雇用促進を図ることを目的として、毎年開催しています。
令和3年度の大会におきましては、6月27日(日曜日)に岩手職業能力開発促進センター(ポリテクセンター岩手)において、また7月11日(日曜日)に岩手県立産業技術短期大学校矢巾キャンパスにおいて開催することといたしました。
つきましては、同大会への出場選手を6月11日(金曜日)まで募集いたしますので、開催趣旨をご理解いただき、多くの方々にご参加いただきたくご案内申し上げます。
なお、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、感染リスクを最小限にとどめるための措置として、大会開催内容の変更が伴う可能性があることを、ご了承ください。
【専用ホームページ】
・「チャレンジいわてアビリンピック2021」開催のご案内
https://www.jeed.go.jp/location/shibu/iwate/03_ks_abilympics2021.html