11月は「外国人労働者問題啓発月間」です(厚生労働省)

厚生労働省では、例年6月を「外国人労働者問題啓発月間」と定めていますが、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して、今年度は11月に実施します。

今年は「守ろう雇用、誰もが活躍~外国人雇用はルールを守って適正に~」を標語に、労働条件などルールに則った外国人の雇用や外国人労働者の雇用維持・再就職援助などについて、全国的な啓発運動を展開することとしています。外国人労働者問題に対する理解を深める絶好の機会です。ぜひご協力ください。

詳しくは厚生労働省ホームページをご確認ください。https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14089.html