8月以降における熱中症予防対策の徹底について(岩手労働局)

岩手労働局からのお知らせ

職場での熱中症予防対策については、「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を展開し、関係団体の皆様と連携して取り組んでいるところです。
今般、7月末までに報告のあった全都道府県の熱中症の件数が下記別紙(PDF)のとおり取りまとめられ、昨年同時期と比較して、6月の速報値では、死傷者数が2倍以上となっています。
例年、熱中症の発症は7月から8月にかけて急増するところ、今年は、新型コロナウイルス感染症に備えて「新しい生活様式」を導入したことに伴い、在宅勤務や業務量の偏りが生じているところも多くなっています。7月末からの気温の急激な上昇に対し、労働者が熱順化(熱に慣れ当該環境に適応すること)していないと、熱中症の発症や重篤化が懸念されます。また、こうした状況で、夏季休暇後に、暑さに慣れていない身体で業務を再開する際には細心の注意が必要です。
つきましては、会員組合関係者の皆様におかれましては、8月以降の職場における熱中症予防対策の徹底に向け、労働者の熱順化の状況を踏まえた対策の実施に留意する等により、熱中症予防対策に一層の取組を進めていただきますようご協力をお願いいたします。

(別紙PDF資料)
別紙・熱中症による月別の労働者死傷病報告数

(本会HP関連ページ)
https://www.ginga.or.jp/info3/6373