高校生・大学生等アルバイトの労働条件の確保についての協力のお願い(厚生労働省・文部科学省)

厚生労働省・文部科学省からのお願い

厚生労働省及び文部科学省としては、これまでも高校生・大学生等(短期大学、高等専門学校、専修学校、各種学校の学生を含む。以下同じ。)のアルバイトの労働条件の確保のため、関係法令の周知・啓発を実施してまいりましたが、本年も多くの新入生がアルバイトを始める4月から7月までを実施期間として「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンとし、アルバイト問題に関する重点的な周知・啓発のほか、若者への相談対応の充実等を図ってまいります。
事業主・業界団体の皆様におかれましても、下記事項について、御理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1 学生アルバイトの労働条件の確保について
各事業主においても、引き続き、学生アルバイトについて、
・労働契約の締結の際の労働条件の明示
・「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」(別添2)に基づく労働時間の適正な把握
・労働契約の不履行に対して、あらかじめ罰金額を定めることや労働基準法に違反する減給制裁の禁止
等の労働関係法令の遵守はもとより、
・学生の本分は学業であることをご理解いただき、学業とアルバイトとの適切な形での両立のため、シフト設定に際してのご配慮
・売れ残り商品の買い取り強要の抑止
等にご留意いただきたいこと。

2 フランチャイズ形態における加盟店への指導について
フランチャイズ形態で事業展開を行っている企業におかれては、本部において各加盟店が労働関係法令違反を行わないよう、適切なご指導をいただきたいこと。

3 労働条件の確保に向けた取組について
厚生労働省においては、労働時間、賃金その他の労働条件や労務管理に関する事項について、労働者、事業主や企業の労務管理を担当している方々にご理解いただくため、労働条件ポータルサイト「確かめよう労働条件」(https://www.check-roudou.mhlw.go.jp/)による情報発信を行っているほか、労働者や事業主の方々から無料でご相談をお受けする「労働条件相談ほっとライン」(TEL 0120-811-610)を開設しておりますので、ご活用方お願い申し上げます。

別添1 リーフレット

別添2 労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン