令和2年「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」の実施について(厚生労働省)

厚生労働省からのお知らせ

これまで、職場における熱中症予防対策については、平成21年6月19日付け基発第0619001号「職場における熱中症の予防について」に基づく対策をはじめとして、毎年重点事項を示して、その予防対策に取り組んできたところであり、平成29年より「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を実施し、各災防団体等と連携して熱中症予防対策に取り組んできたところです。
昨年1年間の職場における熱中症の発生状況(1月15日現在の速報値)を見ると、死亡を含む休業4日以上の死傷者数790人、うち死亡者数は26人となっています。業種別にみると、死傷者数において製造業が最多で、過去10年で初めて建設業を上回りました。製造業における災害は屋内作業におけるものが多くなっていました。また、死亡者数は建設業、製造業、警備業で多く、屋外作業において、WBGT値(暑さ指数)を実測せず、WBGT基準値に応じた措置が講じられていなかった事例、被災者の救急搬送が遅れた事例、事業場における健康管理が適切に実施されていなかった事例等が含まれていました。
ついては、令和2年の本キャンペーンを、別添の令和2年「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」実施要綱(以下「要綱」)のとおり実施します。
事業主の皆様におかれましては、各事業場において確実な取組が行われますよう特段のご配慮をお願い申し上げます。

別紙 2019年職場における熱中症による死傷災害の発生状況

別添 実施要綱