「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」の策定について(岩手労働局)

岩手労働局(厚生労働省)からのお知らせ

近年、労働災害による休業4日以上の死傷者数のうち、60歳以上の労働者の占める割合が増加傾向にあり、また、労働者千人当たりの労働災害件数(千人率)をみると、男女ともに最小となる25~29歳と比べ、65~69歳では男性で2.0倍、女性で4.9倍と相対的に高くなっています。

岩手労働局管内の2019年に発生した休業4日以上の労働災害においても、2020年2月末統計において60歳以上の労働者の占める割合が3割を超えています。

こうした中、令和元年6月に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2019」においては「サービス業で増加している高齢者の労働災害を防止するための取組を推進する」ことが盛り込まれました。

このような状況を踏まえ、高年齢労働者の労働災害防止を目的として、「人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議」(以下「有識者会議」という。)を開催し、就業状況、労働災害発生状況、健康・体力の状況に関する調査分析を実施するとともに、事業者及び労働者に求められる事項や国、関係団体等による支援について検討を行いました。

令和2年1月17日に公表された有識者会議の報告書を踏まえ、厚生労働省では今般新たに、下記ホームページ掲載のとおり「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」(通称:エイジフレンドリーガイドライン)を策定し、事業者及び労働者に求められる事項等をとりまとめました。

つきましては、事業者の皆様におかれましても、このガイドラインの趣旨をご理解の上、高年齢労働者の労働災害を防止するため、各事業場の実情に応じた多様な取組が促進されますようご協力をお願い申し上げます。

厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10178.html