おもてなし規格認証の運用開始について

経済産業省からのお知らせ

 経済産業省は、我が国のGDPの約75%を占めるサービス産業の活性化・生産性向上のために「おもてなし規格認証」を創設し、本日(25日)より「おもてなし規格認証2016」の申請受付を開始します。

 「おもてなし規格認証」は、サービス産業の活性化と生産性の向上を目的として、サービス品質を見える化することによって、サービス事業者の活性化を促進する仕組みです。

 「おもてなし規格認証」に申請し、認定されることで、サービス事業者には認証マークが付与され、サービス品質が「見える化」されます。これにより、例え ば、サービスを受けるお客様は、マークを参考にしてサービス事業者を選択することができるようになり、マークを持つサービス事業者はお客様に選ばれやすく なることを想定しています。

 本年は「おもてなし規格認証」の理念に基づき、サービス事業者が提供するサービス品質を見える化する30項目のうち、15項目以上が該当することにより、「おもてなし規格認証2016」に認定されます。

 申請すると「認定証」と「おもてなし規格認証2016マーク」が発行されます。認定証とマークを印刷し、店頭等に掲出することで、サービス事業者の提供するサービスの品質や取組について、お客様にPRすることが可能となります。

 「おもてなし規格認証2016」の申請は、「おもてなし規格認証」ウェブサイト 外部リンク から可能です。

多くの事業者に活用して頂きたく、ご案内申し上げます。