8月以降における熱中症予防対策の徹底について

厚生労働省労働基準局からのお知らせ

 職場での熱中症予防対策について、7月末までに報告があった熱中症の件数をとりまとめたところ、昨年の同時期の状況より報告件数が多くなっていました。熱中症の発症のピークが、一般的に7月から8月であることを踏まえ、8月以降においても、職場における熱中症予防対策の更なる徹底が必要です。

 一方、労働者の熱順化(熱に慣れ当該環境に適応すること)については、熱へのばく露が中断すると4日後には順化の顕著な喪失が始まります。このため、夏季休暇後など、一定期間暑熱環境における作業から離れ、その後再び当該作業を行う場合等においては、労働者は熱に順化していない状態に再び戻っていることが想定されることに特段の留意が必要です。

 つきましては、職場での熱中症予防対策に一層の取り組みを進めていただけるよう、特段の御理解とご協力をお願い申し上げます。