職場における熱中症予防について

厚生労働省からのお知らせ

 職場における熱中症予防対策については、これまで文書で周知するなどして推進してきておりますが、平成27年の職場における熱中症による死亡者数は32人と例年より多く、特に建設業及び建設現場に付随して行う警備業を合わせた死亡者数は19人と、猛暑であった平成22年の死亡者数と同数となっております。
 このため、平成28年は建設業等を熱中症予防対策の重点業種とすることとし、特に留意すべき内容をまとめましたので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

詳しくはこちらのページをご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000114324.pdf