【3/29】岩手県新型コロナウイルス感染症対策に係る知事メッセージ等について

県からのお知らせ

県では、一日 200 人以上の新規感染が確認されるなど予断を許さない状況であることから、岩手県新型コロナウイルス感染症対策本部第 53 回本部員会議を開催いたしました。

この会議において、国の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針の変更について報告されるとともに、当部からは、「いわて旅応援プロジェクト(第2弾)」、「いわての食応援プロジェクト(第2弾)」及び「中小企業事業再生・再チャレンジ支援事業費補助」について報告いたしました。

また、県民の皆様には、感染リスクが高まる年度末、年度初めにおいて、引き続き、基本的な感染対策の徹底に取り組んでいただくとともに、飲食店利用については、感染対策が整っている「いわて飲食店安心認証」店の利用を推奨することなどの知事メッセージが発出されました。

以下、メッセージを掲載いたしますので、ご了知のうえ、一層の感染対策の推進等必要な対応にご協力くださいますようお願いいたします。

【以下、知事メッセージ全文を掲載】
新型コロナウイルス感染症対策本部 第 53 回本部員会議知事メッセージ(令和4年3月 29 日)

県内の感染状況は、新規感染者数の今週先週比が、先週は 1.0 以下で、先々週に比べると減少が続いていますが、一日 200 人以上の新規感染が確認されるなど
予断を許さない状況です。

全国的には、先週 21 日(月)に「まん延防止等重点措置」が全て解除されました。

新規感染者数は緩やかな減少が続いていますが、本県のように比較的感染レベルが低かった地域では、減少傾向が弱く、下げ止まりや増加が見られたりと、感
染状況の推移に地域差があります。

このような中、年度末から年度初めを迎え、進学、就職などの人の移動、歓送迎会、お花見など会食の機会が多くなり、感染の再拡大も懸念されます。

県民の皆様には、
・ 発熱等の症状がある子どもの保育園等への登園自粛
・ 家庭内においても、マスク着用が難しい子どもなどを除いて、特に同居す
る高齢者や基礎疾患のある方と会話をする際のマスク着用
・ 会食時でも会話の際はマスク着用
・ 移動先での感染リスクの高い行動を控えること
など基本的な感染対策の徹底をお願いします。

また、会食の機会が多い時期ですが、飲食店利用については、感染対策が整っている「いわて飲食店安心認証」店の利用を推奨します。

県では、感染不安のある方や、ワクチン検査パッケージ等を活用した事業を利用する際の検査証明書が必要な方への PCR 等無料検査の期間を延長します。

これから人の移動や多くの人が集まる機会が増える時期を迎えます。PCR 等無料検査の積極的な活用、ワクチン接種を希望する方は早めの接種をお願いします。

県内の新規感染者数は、ピーク時の 3 月上旬に比べ着実に減少してきています。

県民の皆様には、感染リスクが高まる年度末、年度初めにおいて、引き続き、基本的な感染対策の徹底にご協力頂き、新規感染者数の減少を確実なものにできる
よう、よろしくお願いします。

【岩手県ホームページ(知事メッセージ)】
https://www.pref.iwate.jp/kurashikankyou/iryou/kenkou/jouhou/1053361.html

【資料】
第53回本部員会議資料