【4/5】岩手県新型コロナウイルス感染症対策に係る知事メッセージ等について

本日(4月5日)から5月5日までの 31 日間、宮城県、大阪府、兵庫県でまん延防止等重点措置が発令されたことを受け、県では、本日(4月5日)、岩手県新型コロナウイルス感染症対策本部第 31 回本部員会議を開催いたしました。

この会議において、新型コロナウイルス感染症に関する留意事項等について報告されるとともに、岩手県商工労働観光部からは、ステージⅡ相当以下と判断した都道府県が実施する旅行商品の割引等に国が必要な費用を支援する地域観光事業の概要を報告いたしました。

また、県民の皆さまには、まん延防止等重点措置が発令されている地域との往来について、不要不急の帰省や旅行など、感染拡大防止の観点から自粛をお願いするとともに、県内では、3月中旬以降、連日、家庭や職場における複数の感染事例が確認されていることや、初めてイギリス型の変異株が確認されたことなどから、三密を避け、手洗いや常時マスクの着用などの基本的な感染対策の一層の徹底をお願する知事メッセージが発出されました。

以下、メッセージを掲載いたしますので、ご了知のうえ、必要な対応にご協力くださいますようお願いいたします。

【以下、知事メッセージ全文を掲載】
新型コロナウイルス感染症対策本部 第 31 回本部員会議知事メッセージ(令和3年4月5日)

本日(4 月 5 日)から 5 月 5 日までの 31 日間、宮城県、大阪府、兵庫県でまん延防止等重点措置が発令されています。

まん延防止等重点措置が発令されている地域との往来は、不要不急の帰省や旅行など、感染拡大防止の観点から自粛をお願いします。

感染が拡大している地域や外出の自粛等が要請されている地域との往来については、慎重な判断をお願いします。

県内の感染状況は、本日(4月5日)現在、人口 10 万人当たりの直近 1 週間の新規患者数が 7.8 人、確保病床使用率は 28.4%となっており、3月中旬以降、連日、家庭や職場における複数の感染事例が確認されていることに加え、感染者数が多いクラスターも確認されております。また、県内で初めて、イギリス型の変異株が確認されました。

日々の新規患者数をこれ以上増やさないため、県民の皆さま、来県される皆さまには、三密を避け、手洗いや常時マスクの着用などの基本的な感染対策を一層徹底していただくようお願いします。

また、発熱、咳等の体調不良時には、「かかりつけ医」「受診・相談センター」に電話相談の上、早期に医療機関を受診し、検査を受けていただきますようお願いします。

医療機関には、発熱等の症状のある方への積極的な検査の実施をお願いします。

【岩手県ホームページ(知事メッセージ)】
https://www.pref.iwate.jp/kurashikankyou/iryou/kenkou/jouhou/1041263.html

【資料】
①岩手県事例に係る変異株PCR検査及びゲノム解析の実施状況
②新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置に関する公示
③新型コロナウイルス感染症に関する留意事項について
④地域観光事業支援について