新規高等学校卒業予定者の就職内定状況調査の結果について(文部科学省より)

文部科学省からのお知らせです。

「平成30年3月新規高等学校卒業者の就職状況調査」(平成29年3月末現在)の結果がとりまとめられ、主な結果としては就職内定率は前年同期を0.6ポイント上回る91.5%となり、8年続けて前年を上回る結果となっています。

一方、就職内定に至っていない生徒は約1万6千人に上り、未だ就職できるよう努力を続けているところです。

事業者の皆様におかれましては、採用選考に当たっては求人秩序の確立と共に適正な推薦・選考・均等な機会への配慮について、ご理解ご協力をお願いいたします。

詳細は下記のページをご覧ください。

http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa01/kousotsu/kekka/k_detail/1401319.htm