新築や増改築によって新しい畳を入れるときは、まず現物見本をよく見て、畳全体に均一性のある硬さと適度の弾力性が感じられることや、表面に凸凹がないかなどを確かめます。

畳床には大きく分けて、「稲わら畳床」、「稲わらサンドイッチ畳床」、「建材畳床」の3種類があります。普段は目に見えないところですので、畳屋さんにそれぞれの特性などを聞いて、使う用途や住まいの条件に合った素材を選ぶことが大切です。。

畳は、床の良し悪しと、イ草の良し悪しが最も大切なポイントです。特に畳表の良し悪しは、歩く感触や部屋の風合いを左右します。

畳床や畳を作る過程で防虫処理を行いますが、防虫紙や防虫糸その他の使用状況を確認しておくことをおすすめします。

畳は、種類やサイズによって価格が違います。畳を使用する住宅(木造、コンクリート造等)や敷き込む部屋の位置なども考慮して選ぶことをおすすめします。また、畳替えの際は家財の移動費用なども確かめておくとよいでしょう。

品質管理事業は全日本畳事業協同組合の基本事業です。
私達は仕事を通じて社会に貢献し、その代償を頂くことによって成りたっています。

品質管理の徹底をはかり、責任表示することで、お客様の信頼を得、適正な価格を頂いて粗悪品を追放しようとするものです。

全日本畳事業協同組合では、独自に作成し た証紙を畳床の裏に貼付するように会員に呼びかけています。


証紙は畳床用が2種類(稲わら畳床及び稲わらサンド畳床用、建材畳床用)畳加工用が1種類です。
稲わら畳床、稲わらサンド畳床の証紙
建材畳床の証紙
※畳床製造業者が畳床出荷時に裏面に貼付表示しております。

畳加工用証紙
※畳を加工する際に使用し、畳の裏面に貼付表示しております。


平成7年7月にPL法(製造物責任法)が施行され、畳に関してもPL法 に触れる事故が発生する可能性もあり、そのために全日本畳事業協同組合では畳に保険を掛け、お客様に対して万全の処置をとっています。 畳の保険は2種類あり、商工賠償保険ともう1つはPL保険です。

この保険は畳店が畳を製造し、お客様の家に畳を敷き、畳店の自宅に帰るまでの間に発生した事故に対して補償する保険です。 例えば畳店が畳を敷き込み中、お客様の大切な家具を破損したとか、畳で引掛けてお客様にケガをさせたとか、人的物的な損害の全てをカバーしています。

PL法(製造物責任法)に基づいて、畳を敷き込んで10年の間にお客様に人的な被害または物的に甚大な被害を与えた場合に、保険で補償しようとするものです。

お知らせ
以上、畳に関して商工賠償保険PL法の保険に該当する事故が発生したとき、速やかに加工した畳店にその旨を連絡するか、下記まで御一報下さい。ただちに対処いたします。
岩手県畳工業組合 事務局
(TEL 019−654−2951)
iwatetatami@gmail.com
なおこの2つの保険に加入している畳店数は全国で2700店余であり、全ての畳店ではありませんのでご注意下さい。