酒造り物語
 岩手の清酒の醸造技術は、南部藩の村井権兵衛によって、酒造業が営まれて、その醸造技術が付近の農家にひろめられたことにはじまりました。当時の酒造りは、農家の副業として行われ地域に広まったといわれます。
この南部流の酒造りは、国内でも非常に高度な技術で、その優秀さから隣領の伊達藩の酒屋からも競ってその技術者を雇い入れたといわれています。
この酒造りの技術は、日本最大の杜氏集団「南部杜氏」に受け継がれ、今なお、日本各地の蔵で活躍しています。
南部杜氏の里に酒米「吟ぎんが」
 従来、岩手県は、吟醸酒に適したオリジナルの酒造好適米を持たず、他果から供給に頼ってきました。
このため岩手県では、清酒メーカーや杜氏の強い要請を受け、平成2年から農業研究センターで、岩手県オリジナル酒造好適米の開発に取り組んできました。平成8年に候補系統3種を選抜、同9年からは、最終選抜を目的に試験醸造を実施し、きわめて優秀な評価を得るに至りました。
このオリジナル酒造好適米は「吟ぎんが」と命名され、清酒の官能評価は、従来の本県産酒造好適米以上で「やわらかで豊かな新しい味わい」の清酒に仕上がり、岩手県の奨励品種にも編入しました。
岩手県工業技術センター
企画情報部長農学博士
齊藤博之先生
 酒造好適米の特徴は大粒・心白といわれます。しかし大きいほど良いのではなく、適度な大きさや水の吸い易さ、適度な成分を必要とします。当センターでは酒造に優れた品種を選抜するために、その基準作りと醸造試験を行いました。この「酒造適性判定法」は、酒造研究に与えられる日本醸造協会、最高賞の伊藤保平賞を平成9年に受賞しましたが、「吟ぎんが」はこの厳しい基準をクリアした岩手県最優秀のトップランナーです。農家、醸造家、愛飲家にお勧めできる岩手が産んだ酒造好適米です。
岩手県農業研究センター
農産部水稲育種研究室長
畠山均先生
 「吟ぎんが」は、岩手県の気象風土に適した吟醸酒向けの栽培しやすい品種として開発育成されたものです。
平成3年の交配後、腰痛に悩まされながら腰をかがめての選抜をくり返し、さらに工業技術センターや、酒造組合の協力を得ながら8年間を要して、やっと岩手県オリジナルのおいしいお酒が飲める様になりました。
「吟ぎんが」の作付けが定着し、岩手県の清酒のイメージアップと酒の消費拡大につながることを期待します。
吟ぎんがの命名について
 このオリジナル酒造好適米は「吟ぎんが」と命名され、響きの良さと明るさを強くイメージしています。「吟」は良い原料を使って念入りに醸造する「吟醸」を意味し、「酒造用の米」であることが一目でわかります。「ぎんが」は、酒造好適米の特性である「心白」の輝きと、きらきら光る酒を表現しており、また「銀河鉄道の夜」宮沢賢治のふるさと岩手を思い浮かべることが出来ます。
〜岩手オリジナル酒造好適米が開発されるまで〜
1.「吟ぎんが」開発経過
  1.「吟ぎんが」は、岩手県農業研究センター農産部銘柄米開発研究室(江刺)で育成した、耐冷性が強く、醸造適性に優れる中生の酒造好適米です。
2.平成3年交配【母:山形酒49号(出羽燦々)/父:秋田酒49号】
3.平成9〜10年:奨励品種決定現地調査。
3.平成9〜10年:醸造適性試験(岩手県工業技術センター及び岩手県酒造組合の協力)
4.平成10年度にオリジナル酒造好適米新品種として本県の奨励品種に編入しました。
5.清酒の官能評価は、「美山錦」以上で「きれい、さわやか」な清酒に仕上がります。
6.農林水産省品種登録出願済み(平成11年8月23日)
2.品種名称の由来
  「吟」は、良い原料を使って念入りに醸造する「吟醸」を意味します。また、「ぎんが」は、酒造好適米の特性「心白」の輝きと「きらきら光る酒」、さらに「銀河鉄道の夜」宮澤賢治を思い浮かべることができます。
3.「吟ぎんが」の特性概要
 
品種名
吟ぎんが
(参考)美山錦
耐倒状性
やや弱
収量性
103(対美山錦)
(100)
玄米千粒重
約26g
約24g
玄米品質
上の下
中の上
いもち耐病性
中〜やや弱
耐冷性
やや強
栽培敵地
岩手県中南部
いわて県中南部
4.「吟ぎんが」の生産について
  平成11年度に県下で最も酒米が作付されている石鳥谷町に普及
拡大モデルほ場を設置し、42t(60kg入  698俵)を生産
12年度 265t(60kg入 4,416俵)
13年度 480t(60kg入 8,000俵)
14年度 720t(60kg入 12,000俵)

〜 岩手県オリジナル酒造好適米 〜
1.「ぎんおとめ」開発経過
  1.「ぎんおとめ」は、岩手県農業研究センター農産部(北上市)で育成した、岩手県中北部地帯での栽培に適した早生で、醸造適性に優れる酒造好適米品種です。
2.平成2年交配【母:秋田酒44号/父:東北酒141号(こころまち)】
3.平成9〜11年:奨励品種決定現地調査。
醸造適性試験(岩手県工業技術センター及び岩手県酒造組合の協力)
4.平成11年度にオリジナル酒造好適米新品種として本県の奨励品種に編入しました。
5.清酒の官能評価は、「美山錦」と同等で「きれい、すっきり」な清酒に仕上がります。
6.農林水産省品種登録出願済み(平成12年6月16日)
2.品種名称の由来
  ○「ぎんおとめ」は、南部杜氏の里・岩手県が開発したオリジナル酒造好適米として、その酒の優雅な味わいと岩手の優しさを表現しています。
○銀河の詩人宮澤賢治のふるさとをイメージして、一足早くデビューした酒造好適米「吟ぎんが」の妹分として育っていくよう、「ぎん」の音を重ねています。
○酒米として女性的な名称は珍しく、可憐で瑞々しい語感とともに、岩手の農家と南部杜氏の細やかな心遣いを感じさせます。
3.「ぎんおとめ」の特性概要

品種名
ぎんおとめ
(参考)たかねみのり
耐倒状性
やや強
収量性
102(対たかねみのり)
(100)
玄米千粒重
約26g
約23g
玄米品質
心白の発言やや少ない
いもち耐病性
やや強
やや強
耐冷性
栽培敵地
岩手県中北部
いわて県中北部
4.「ぎんおとめ」の生産について
  平成12年度は栽培適地である二戸市、岩手町、西根町において
栽培実証展示ほ場として 38.3t(60kg入  638俵)を生産
13年度 204t(60kg入 3,400俵)
14年度 330t(60kg入 5,500俵)