How to 御葬式 アラウンド・ザ・御葬式 ご葬儀 前後の流れ

<もしも>のときは、まず当社へご連絡ください。
御葬儀の施行から、四十九日忌法要まで責任をもってお世話いたします。
ここにご紹介するのは、一般的な御葬儀の流れですが、各地方ではさまざまな伝承・習慣のもとに施行されています。その地方ならではの慣習や個人らしさを表現する方法もありますのでご相談ください。

ご葬儀・前後の流れ


御臨終
  1. ご自宅で亡くなられた場合は、すぐに医師に連絡し、死亡診断書を受け取ります。これがなければ埋葬や火葬の許可がおりません。
2. 葬祭専門業者とお寺に連絡します。
3. 御葬儀の日取りを決めます。
4. 関係者に連絡します。
5. 喪主と御葬儀の世話役を決めます。
6. 湯灌並びにご遺体の身繕いと死化粧を行います。
7. 枕経をあげ納棺します。故人の思い出の品を納棺時に一緒に入れてあげるのもよいでしょう。ただし、燃えない物は入れることができません。

お通夜
  1. 祭壇並びに会場を設営します。
2. 弔問客の受付を行います。
3. 僧侶による読経並びにご親族のご焼香を行います。
4. 会葬者によるご焼香を行います。
5. 僧侶による法話・説教と続き、お通夜の儀式は終了します。
6. 喪主が挨拶と謝辞を述べて「通夜ぶるまい」に移ります。
7. 近親者で祭壇の線香やロウソクを絶やさないよう故人をお守りします。

お逮夜
逮夜は次の日に及ぶ夜という意味があり、葬儀の前日に僧侶を招いて法要を行います。 流れはお通夜とおおよそ同じです。

御葬儀・告別式
  1. 弔問客の受付を行います。
2. 僧侶による読経並びにご親族のご焼香を行います。
3. 会葬者によるご焼香を行います。
4. 故人と最後のお別れをします。

御出棺・埋火葬
  1. 僧侶による最後の読経が行なわれます。
2. 埋火葬を行います。
3. 近親者によりお骨上げの儀式が行なわれます。
4. ご自宅または精進落としの行なわれる場所へ向かいます。地域によっては、「お骨上げ」の後、「お通夜」や「御葬儀・告別式」を営むところもあります。

精進落とし
  1. ご自宅(または会場)で待機している世話役やお手伝の人により「遺骨むかえ」の準備が行なわれます。
2. お通夜から御葬儀までお世話になった人の苦労をねぎらうために「精進落とし」を行います。
「遺骨むかえ」と同時に、ご遺族や近親者が集まり、「初七日」の法要を営むことがあります。

四十九日忌法要まで
  1. 御葬儀の翌日かその次の日までに葬儀の時にお世話になった人に挨拶廻りを行います。
2. ごく親しい親族や友人達に形見分けを行います。(形見の品は包まず、むき出しで渡すのがしきたりです)
3. 四十九日、または三十五日の忌明けに「香典返し」を挨拶状を添えて送ります。
地域によっては、即日返しといって、告別式の際に「香典返し」をするところもあります。

岩手県内で一般的な御葬儀の流れ 関東・関西地方で一般的な御葬儀の流れ




岩手県葬祭業協同組合