How to 御葬式 アラウンド・ザ・御葬式 訃報に際して

訃報の連絡を受けたら 参列に際して・服装 弔問の際のお悔やみ 弔電・弔辞について
供花・供物について 香典について 受付での注意点 宗派別焼香の心得


弔電・弔辞について
弔電のマナー
○葬儀に参列できない場合は、弔電を打ちます。
○弔電の宛先は喪主名とするのが一般的です。
○弔電の届け先は原則として、故人の自宅にします。

弔電の打ち方
○弔電の受付けは午前8時から午後10時までです。
午前8時から午後7時までに打った弔電は当日中に配達されます。
○電話で弔電を打つ場合は、ダイヤル「115」にかけます。
また、所定の用紙にてファックスで申しこむことも可能です。
※詳しくはフリーダイヤル「0120-077-115」へお問い合わせください。

弔辞を依頼されたら
○葬儀式では、仏式・神式・キリスト教などの様式を問わず、弔辞を奉読します。
○先方から弔辞を依頼された場合には、特別な理由がない限り引きうけるようにします。

弔辞を書くには
○奉読時間は3〜4分を基本とします。400字詰原稿用紙で3,4枚程度を目安にします。
原則として薄墨の毛筆で、奉書紙や巻紙に書きますが、市販の弔辞用紙でもかまいません。
文字は丁寧に書き、代筆であってもかまいません。
イメージ

弔辞の読み方
○弔辞は故人への語りかけであると同時に、ご遺族や参列者に聞いてもらうものです。耳で聞いてわかりやすい言葉を選びましょう。
○読む際は、「低く静かに」「ゆっくり、一語一語かみしめるように」「心を込め,丁寧に」よみあげるようにしましょう。

訃報の連絡を受けたら 参列に際して・服装 弔問の際のお悔やみ 弔電・弔辞について
供花・供物について 香典について 受付での注意点 宗派別焼香の心得



岩手県葬祭業協同組合