南部鉄器 製造行程のあらまし

鉄瓶をつくるには、まずデザインを考えることから始まります。デザインが決まると鋳型の中に溶かした鉄を注ぎ込み、冷えるのを待って取りだし、着色、つるをつけて終わります。それを、細かく追ってみるとと実にたくさんの行程があり、そのほとんどの行程作業が熟練を要求される仕事であります。
イメージ


1. 作図と木型
1. 作図と木型
作図に基づいて木型をつくります。現在の木型は鉄製です。
2. 鋳型のできるまで
2. 鋳型のできるまで
木型を手で回しながら、鋳型をつくっていきます。

3. 紋様をつけ肌打ちをする
3. 紋様をつけ肌打ちをする
鋳型の内側に紋様を押したり、鋳型の肌に肌打ちをします。
4. 中子づくり
4. 中子づくり
砂に埴汁を加えたものを、中子型に入れてつくります。

5. 型の組み立て
5. 型の組み立て
鋳型に手で中子をはめ込み、鋳型を組み立てます。

6. 原料の鉄の溶解と鋳込み 6. 原料の鉄の溶解と鋳込み
図解
6. 原料の鉄の溶解と鋳込み
鉄を溶解炉(キュポラ・こしき)で溶解し、それを鋳型に注ぎ込みます。

7. 型出し
7. 型出し
鋳型を外して、中の製品を取りだします。
8. 金気止め
8. 金気止め
サビ防止のために、木炭炉の中で製品を焼きます。

9. 研磨と着色
9. 研磨と着色
外面の酸化皮膜を、針金ブラシなどでこすり、くご刷毛で漆やおはぐろを塗ります。
10. つるの取り付け(鉄瓶のみ)
10. つるの取り付け(鉄瓶のみ)
鉄びん本体へつるを取り付ける。「つる次第で鉄びんのでき不出来が決まる」とさえいわれます。写真は湯釜の完成品。


イメージ

[南部鉄器の歴史] [商品紹介] [製造行程のあらまし] [ご使用法・お手入れ法]
[アクセス] [リンク集] [開設のことば] [組合概要] [役員・組合員名簿] [HOME]