トップページ > 岩手県不正軽油対策連絡協議会 > 軽油引取税の概要

岩手県不正軽油対策連絡協議会

軽油引取税の概要
 
1.地方税法の改正(平成16年6月1日施行)
(背景)
 (1) 脱税の悪質化・巧妙化
 (2) 不正軽油の製造過程で生成される有害な硫酸ピッチの不法投棄問題

(主な内容)
ア 罰則の強化 <不正軽油に関わる全ての人が罰則の対象となったこと。>
  改正前 改正後
  懲役刑 罰金刑 懲役刑 罰金刑
(1)検査拒否に関する罪 20万円以下 1年以下 20万円以下
(2)免税証の不正受給による
免税軽油の引取りに関する罪
5年以下 200万円以下 5年以下 500万円以下
(3)製造等の承認を受ける
義務等に関する罪
1年以下 50万円以下 5年以下 500万円以下
(法人重課
3億円以下)
(4)脱税に関する罪 5年以下 200万円以下 5年以下 500万円以下
(5)不正還付に関する罪
【創設】
    5年以下 500万円以下
(6)不正軽油等譲受罪
【創設】
    2年以下 200万円以下
(法人重課
3億円以下)
▲クリックすると拡大表示されます。

イ 補完的納税義務(連帯納税義務)【創設】
 製造等の承認を受ける義務に違反して製造された不正軽油について、納税義務者(不正軽油を製造して販売消費又は譲渡した者)が特定できないとき、又はその所在が明らかでないときは、
(1) 当該不正軽油を実際に製造した者(受託製造者)
(2) 当該不正軽油を製造した施設又は設備の所有者のうち、当該施設又は設備を製造者に対し貸し付けた者 等
は、当該納税義務者と連帯して軽油引取税に係る納税義務を負う。

▼CONTENTS

ページの上へ

Copyright © 岩手県石油商業協同組合 All rights reserved.