トップページ > 岩手県不正軽油対策連絡協議会 > 軽油引取税の概要

岩手県不正軽油対策連絡協議会

軽油引取税の概要
 
 軽油引取税は、元売業者(軽油の精製業者又は輸入業者等で総務大臣が指定する者)又は特約業者(元売業者の特約店等で、その主たる事務所又は事業所所在地の都道府県知事が指定する者)からの現実の納入を伴う軽油の引取りに対して課される税金で、都道府県及び指定市の道路に関する費用に充てられる目的税です。
 
●軽油とは
   軽油引取税の課税の対象となる軽油とは、次のような規格を有する炭化水素油をいい、通常、軽油として市販されているものがこれに該当します。
・ 比重  温度15度において0.8017を超え、0.8762まで
・ 分留性状90%留出温度  267度を超え400度まで
・ 残留炭素分  0.2%以下
・ 引火点  温度130度以下
 
●課税客体・納税義務者
 軽油引取税は、元売業者又は特約業者からの現実の納入を伴う軽油の引取り(特約業者の元売業者からの引取り及び元売業者の他の元売業者からの引取りを除く)に対し、その引取りを行う者に課税されます。【引取課税】
 なお、灯油や重油又は不正に製造した軽油を自ら消費し、又は他の者に譲渡する場合などの消費または譲渡に対し、軽油の販売店や自動車の保有者等に課税する場合があります。【みなす課税】
 
●課税標準量
 引き渡した軽油や消費した軽油の数量です。
 
●税率
 1キロリットルにつき32,100円(平成20年3月31日までの暫定税率)です。
 
●納税方法
 元売業者又は特約業者は、都道府県の条例によって特別徴収義務者に指定され、軽油を販売する際に軽油の代金とあわせて軽油引取税を徴収(特別徴収)し、徴収した税金を1か月分取りまとめ、翌月末日までに軽油の納入地所在の都道府県に申告納入します。
軽油引取税の課税の例/図

▼CONTENTS

ページの上へ

Copyright © 岩手県石油商業協同組合 All rights reserved.