トップページ > 岩手県不正軽油対策連絡協議会 > 岩手県不正軽油対策連絡協議会設置要綱

岩手県不正軽油対策連絡協議会

岩手県不正軽油対策連絡協議会設置要綱
 
平  15. 12. 18  施行
平  16. 11. 24  一部改正
平  17. 5. 16  一部改正
平  19. 6. 25  一部改正
 
(名称)
第1  本会は、「岩手県不正軽油対策連絡協議会」と称する。
 
(目的)
第2  本会は、不正軽油の製造及び流通の防止に関する意見・情報交換並びに広報活動等を通じて、民間関係団体と行政機関が相互に連携・協力して、不正軽油の製造及び流通の防止を図るとともに適正な軽油の流通の推進に努めることによって、本県の快適で安全な生活環境の保全に努めることを目的とする。
 
(構成員)
第3  本会は、次の会員をもって組織する。
(1) 社団法人岩手県建設業協会
(2) 社団法人岩手県トラック協会
(3) 社団法人岩手県バス協会
(4) 岩手県石油商業協同組合
(5) 釜石海上保安部
(6) 東北運輸局岩手運輸支局
(7) 岩手県警察本部生活安全部(生活環境課)
(8) 岩手県環境生活部(環境保全課・資源循環推進課)
(9) 岩手県総務部(総合防災室・税務課)
(10) その他会長が必要と認める者
 
2 本会に次の役員を置く。
(1) 会長   1名
(2) 副会長  1名
 
3 会長は、岩手県石油商業協同組合理事長の職にある者をもって充て、副会長は岩手県総務部長の職にある者をもって充てる。
 
(協議事項)
第4 本会議は、構成員による意見及び情報交換を踏まえ、次の各号に掲げる事項について協議し必要な対策を講じる。
 
(1) 不正軽油の製造及び流通の防止のための広域的な協力体制の構築に関すること。
(2) 不正軽油の製造及び流通の防止のための取締り活動に関すること。
(3) 不正軽油の製造及び流通の防止のための意見交換・情報交換に関すること。
(4) 不正軽油の製造及び流通の防止のための広報・啓発活動に関すること。
(5) 不正軽油、硫酸ピッチ等を発見した場合の通報・連絡体制の構築に関すること。
(6) その他必要と認める事項
 
(協議会の運営)
第5  本会は、会長が招集し、開催する。
 
2 会長は、本会議の開催に当たり、本会議の実施内容に関係のある者について出席を求めることができる。
 
(事務局)
第6  本会の事務局は、岩手県石油商業協同組合内及び岩手県総務部税務課内に置く。
 
附則
この要綱は、平成15年12月18日から施行する。
附則
この要綱は、平成16年11月24日から施行する。
附則
この要綱は、平成17年5月16日から施行する。
附則
この要綱は、平成19年6月25日から施行する。

▼CONTENTS

ページの上へ

Copyright © 岩手県石油商業協同組合 All rights reserved.