「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」について

厚生労働省からのお知らせ

 厚労省では、「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」を策定し、使用者に労働時間を適正に把握する責務があることを明らかにするとともに、労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき具体的措置等を明らかに致しました。
 事業主の皆様におかれましては、同ガイドラインの趣旨にご理解をいただき、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

ガイドラインの詳細はこちらのページをご参照願います。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/070614-2.html