6次産業って何だろう?

 6次産業とは

  農林漁業者が生産(第1次産業)だけでなく、加工・製造(第2次産業)や流通・販売(第3次産業)にも主体的・総合的に関わり合うことで、
 高付加価値化を図っていこうという考え方を6次産業化といいます。

  6次産業化に取組むことで経営の幅が広がり、農山漁村における所得の向上や収益性の改善、後継者・地域の若者の雇用の創出により、
 地域の活性化が図られることが期待されています。
 いわて6次産業化支援センターでは、生産者の皆様が6次産業化に取組む中で生じる課題について解決のお手伝いを行っています。

 

  

 

 いわて6次産業化支援センター

  目 的
   6次産業化を目指す岩手県内の農林漁業者が円滑に事業を実施するため、支援施策の普及と活用を促進するとともに、専門家等による
   アドバイスや交流会を開催し、本県の6次産業化の拡大に資することを目的とします。

  実施項目
   ● 6次産業化を目指す岩手県内の農林漁業者が円滑に事業を実施するために、必要に応じて専門家等を派遣し、アドバイスを行います。
   ● 6次産業化制度の啓蒙普及び人材育成のための研修会、並びに1次産業者間や2次 ・3次産業者との連携を促進し、6次産業化の拡大を
    図るための交流会を開催いたします。 


 

 農商工連携との違い 

  農商工等連携と六次産業化の主な相違点

   ● 支援要件として、農商工連携が中小企業者と農林漁業者等が共同して事業計画を作成することを要する一方、6次産業化は
    農林漁業者等だけで作成することが可能。

   ● その他、支援措置について、農商工連携の支援が主に金融支援であるのに対し、6次産業化は、金融支援とともに、農地法、
    野菜生産出荷安定法や種苗法の特例等、幅広い支援を規定されています。