\\東北アグリーメント協同組合のウェブサイトへようこそ。

伝言板

年末年始における業務のご案内

歳末ご多忙の折、皆様におかれましては益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。
平素は当組合運営に対し多大なる御指導、御協力を賜りまして誠に感謝申し上げます。
さて、標記に伴い勝手ながら下記の期間を【年末年始の休業】とさせていただきますのでご案内申し上げます。

《年末業務》2017年12月29日(金)まで通常業務
《休 業 日》2017年12月30日(土)〜2018年1月4日(木)迄
《年始業務》2018年1月5日(金)より通常業務
※休業日緊急連絡先【 組合携帯:090‐9639‐5120 】

特定監理事業を行う監理団体に許可されました

【特定監理事業を行う監理団体(2017年12月1日付)として許可されました 】
 厚生労働省と法務省が共管する「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」(以下「技能実習法」)が施行され、技能実習生の受け入れに当たり重要な役割を担う監理団体を許可制としており、 今年6月1日から外国人技能実習機構(以下「機構」)本部で許可申請の受付を開始、 11月1日付けで一般監理事業または特定監理事業を行う監理団体として292団体(一般監理事業を行う監理団体:114団体/特定監理事業を行う監理団体:178 団体)が許可され、 新たに監理団体399団体(一般監理事業を行う監理団体:160団体/特定監理事業を行う監理団体:239団体)が2017年12月1日付にて許可され 、 弊組合も特定監理事業を行う団体として許可されましたのでご報告致します。
 以上を踏まえて弊組合と致しましても、今後益々下記記載の通り監理団体の適正な実施、義務を守るべく、厳しく指導等対応させて頂きたいと思いますので、実習実施者各位にもご協力を賜ります様切にお願い申し上げます。

<監理事業の適正な実施>
○ 監理団体は、監理事業を適正に運営しなければなりません。
○ 仮に違反があった場合には、改善命令や許可の取消しの対象になります。
<監理団体の義務>
○ 監理団体は、団体監理型技能実習の実施状況の監査その他の業務を、省令で定める基準に従って実施しなければなりません。
○ そのほか、技能実習継続困難時の届出、監理責任者の設置、帳簿の備付け、監査報告、事業報告等を行わなければなりません。

 尚、技能実習実施者認定申請を現在申請準備しておりますが、書類提出期日等厳守にてご準備、ご提出頂く様併せてご報告させて頂きますので宜しくお願い致します。

第17期(4回生)集合講習終了のご報告

2017年10月21日入国しました【技能実習生1号-17名】の集合講習に際しまして、
ご多忙中にも関わらずご指導頂きました理事・監事各位、講師の皆様のご協力の基、
無事2017年11月22日にて終了致しました事をご報告致します

第17期(4回生)集合講習の様子A

2017年10月21日に入国致しました【技能実習生1号-17名】の集合講習の様子です。

第17期(4回生)集合講習の様子B

2017年10月21日に入国致しました【技能実習生1号-17名】の集合講習の様子です。

第17期(4回生)集合講習の様子C

2017年10月21日に入国致しました【技能実習生1号-17名】の集合講習の様子です。

Copyright (C) Tohoku Agreementl Cooperative. All Rights Reserved.